キャットフードは酸化するとダメなのか、酸化防止剤が入っている理由と愛猫への影響を解説

猫と健康
スポンサーリンク

キャットフードについて調べていると「合成着色料」や人工の「香料」、「防腐剤」や「酸化防止剤」といった言葉を耳にすると思います。
今回は「酸化防止剤」について詳しく説明していきたいと思います。

酸化防止剤と調べると「危ない」とか「身体に悪い」「発がん性」といったキーワードで説明されており、不安な気持ちになっていたりしないでしょうか。

ではその「酸化防止剤」とは何なのかを調査してみました。

酸化防止剤とは

酸化防止剤とは文字通り、キャットフードの酸化を防止するためのもので、キャットフードに含まれる脂質は光に当たったり空気に触れたりすると油分が酸素と結びついて酸化してしまいます。

それを予防するために酸化防止剤使われています。酸化防止剤が使われていないとあっという間に酸化してしまうのです。

では、どうしてキャットフードの酸化を防ぐ必要があるのでしょうか。それはキャットフードの栄養価が下がり、下痢や嘔吐の原因となるからです。
それだけでなく、脂質が酸化することによって、脂質は過酸化脂質と呼ばれる悪玉コレステロールに変化してしまいます。

悪玉コレステロールが徐々に体内に蓄積されていくと、アレルギーや動脈硬化、ガンなどの原因になると言われています。
『剤』という字が使われているので薬品のような印象を受けるかもしれませんが、人工の酸化防止剤のほかに自然由来の酸化防止剤もあります。

詳しく見ていきましょう。

キャットフードの酸化防止剤にはどんな種類があるのか

キャットフードに使われる主な酸化防止剤は、前述した通りに大きく分けると以下の2つに分けられます。

・人工酸化防止剤
・自然由来の酸化防止剤

人工の酸化防止剤の方が酸化防止力は高いのですが、その分、愛猫への負担も大きくなります。
自然由来の酸化防止剤は愛猫への負担は小さいのですが、その分、酸化防止力は人工と比べて劣ってしまいます。

では、キャットフードに使われている酸化防止剤にはどのようなものがあるのでしょうか。

キャットフードに使われる酸化防止剤一覧リスト

先程も述べた通り、酸化防止剤には人工と天然由来の二種類があります。

まずは人工の酸化防止剤からみていきましょう。

人工酸化防止剤

人工的に作られた酸化防止剤は、天然由来の酸化防止剤に比べると酸化を防ぐ力は高いですが、発がん性などの危険性があるのではと指摘されています。
ただし、酸化防止剤の基準値は、法律によって毎日食べ続けても健康に影響のない量で設定されています。

そのため、発がん性などのリスクは摂取量が問題となります。
主な人工酸化防止剤は、以下の通りです。

物質名 エトキシキン
説明 主に家畜の飼料添加物として使用が認められています。
ペットフード安全法での使用基準 犬用では単独で75μg/g以下、エトキシキン・BHA・BHTの総量で150μg/g以下

エトキシキン飼料の添加物として多くの国で使われていますが、毒性が強いため、日本では人間用の食品に使うことは認められていません。

しかし、家畜や養殖された魚の飼料として使うことは認められています。ただし、その飼料を食べた家畜の体内に残るエトキシキン量は1ppmまでと厳しく定められています。

また、継続して与え続けることによる腎臓の機能などに影響が出ることが示唆されている物質です。

同じ哺乳類ですが、人間用の食品に使用することを禁じ、キャットフードには送料で150μg/gまで許容しています。
これが良いのか悪いのかは一概に述べることはできませんが、これだけの大きな差があることだけは知っておいてほしいと思います。

物質名 BHA(ブチルヒドロキシアニソール)
説明 食品の指定添加物でもあり、医薬品や化粧品等にも使用されています。
ペットフード安全法での使用基準 エトキシキン・BHA・BHTの総量で150μg/g以下

元々はエンジンオイルなどの工業用油脂に使われていた酸化防止剤です。キャットフードのほか、人間用の化粧品や医薬品にも使われています。

ただ、BHAには女性ホルモン作用が確認されており、胎児に作用すると生殖器の奇形、行動異常、学習障害などを引き起こす危険性があるとも言われていますので注意が必要です。

※参考:薬害オンブズパースン会議

ただ、こちらもエトキシキンと同様にペットフード安全法により上限が定められているので大量摂取しなければ問題はないでしょう。

物質名 BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)
説明 食品の指定添加物でもあります。
ペットフード安全法での使用基準 エトキシキン・BHA・BHTの総量で150μg/g以下

BHTは発がん性物質は認められていませんが、変異原性が認められており、また催奇性の疑いもあることから、人間の食品には使用されなくなっています。
BHTもBHA同様ペットフード安全法で猫の健康に影響を及ぼさない上限(150μg/g)が定められているため、BHTが入っているからといって猫の健康を害するわけではありません。

しかし、人間の食品にも認められていない添加物を猫に与えるべきでしょうか。
BHTが使用されているキャットフードは少なくなってきておりますが、それでも気を付けたい部分ではあります。

変異原性:生物の遺伝情報(DNAの塩基配列あるいは染色体の構造や数)に不可逆的な変化を引き起こす性質
催奇性:催奇形作用とも言われる「妊娠中の女性」の体内に吸収されたときに胎児に奇形が起こる性質

自然由来の酸化防止剤

では逆に自然由来の酸化防止剤というのはどのような防止剤なのでしょうか。

物質名 L-アスコルビン酸ナトリウム(ビタミンC)
説明 食品の指定添加物でもありますが、使用制限は設けられていません。
ペットフード安全法での使用基準 なし

ビタミンCは野菜や果実に多く含まれており、水に溶けやすい性質があります。また、栄養強化の目的で使われることもあります。

L-アスコルビン酸ナトリウムはビタミンCの別名で、強い抗酸化力を持っています。また、ビタミンCは参加したビタミンEを還元することで、ビタミンEの活性を復活させることが出来ます。

ビタミンEにも抗酸化作用があり、ビタミンEとビタミンCを組み合わせることでより効果的に抗酸化力を発揮できるといわれています。

物質名 ミックストコフェロール(ビタミンE)
説明 植物によってつくられ、自然界に広く存在します。食品の既存添加物として使用されることがあります。
ペットフード安全法での使用基準 なし

ミックストコフェロールは、複数のビタミンEを配合したものです。植物油などに多く含まれており、油に溶けやすい性質があります。

ビタミンEにはα(アルファ)、β(ベータ)、γ(ガンマ)、δ(デルタ)という4つの形があります。ビタミンEは脂溶性抗酸化剤として、キャットフードの成分よりも先に酸化することでフードの酸化を防ぎます。

前述しましたが、ビタミンEはビタミンCと使用することで、より効果的に抗酸化作用を発揮することが出来ます。

物質名 ローズマリー抽出物
説明 ローズマリー(マンネンロウ)の葉または花から得られた、カルノシン酸、カルノソール及びロスマノールを主成分とするものです。食品の既存添加物でもあります。
ペットフード安全法での使用基準 なし

ハーブの一種であるローズマリーの葉から抽出したエキスです。ヨーロッパでは伝統的に食品の保存の際に活用されてきたハーブで、ビタミンEやビタミンCなどと併用すると、相乗効果で酸化防止力が上がります。

ローズマリーにはカルノシン酸、カルノソールといった成分が含有されており、これらがキャットフードの成分より先に酸化されることで品質を維持します。

物質名 クエン酸
説明 食品の指定添加物でもありますが、使用制限は設けられていません。
ペットフード安全法での使用基準 なし

柑橘類など多く含まれており、水に溶けやすく熱に強い性質があります。

疲労回復や美容に良いと言われています。クエン酸には酸化ストレスに打ち勝つ抗酸化作用が含まれていると言われています。
また、抗酸化物質の働きを助ける働きもあるため、酸化防止剤として使用されています。

物質名 緑茶抽出物(カテキン)
説明 食品の指定添加物でもありますが、使用制限は設けられていません。
ペットフード安全法での使用基準 なし

ツバキ科チャの茎や葉、マメ科ペギアセンヤクの幹枝などから抽出したエキスです。
ビタミンE、クエン酸、ビタミンCなどと併用すると、相乗効果で酸化防止力が上がります。

酸化防止剤のBHAは発がん性があるのか

結論から申し上げますとありません。もし、発がん性があった場合、それを法律が容認していたら問題ですよね。
では、どうして酸化防止剤のBHAは発がん性があるという話になってしまったのでしょうか。

それは1982年のBHAのラットを使った実験で前胃に使用基準値の500倍の発がん性が報告されました。※1
しかし、その後の実験で猫などの前胃がない動物には、BHAを高い濃度でフードに添加しても発がん性はどの臓器にも見られず、BHAによる発がんは前胃のある動物に限られると結論づけられたのです。※2

この内容が独り歩きして『酸化防止剤のBHAは発がん性がある』となったのだと推測しております。
さらに、微量のBHAは発がんを抑制するという報告も多数あります。※3

ただ、法律でエトキシキン・BHA・BHTの総量で150μg/g以下と定められているということは接種のし過ぎは良くないということなのでしょう。

※1:1982年、名古屋大学伊藤信行教授ら研究グループによる食品衛生調査会への報告
※2:有害性評価書:化学物質排出把握管理促進法政令号番号:1-365
※3:Williams ら、1986年、Ito ら1986年、Ikezaki ら1996年など

天然由来の酸化防止剤で気を付けなければならないこと

人工酸化防止剤に比べると酸化防止力は劣るため、保存方法や保管場所に注意する必要があります。
天然由来の酸化防止剤を使用しているキャットフードはメーカーの努力によって小分けにされていたり、ジッパーが付いていたりします。

なるべく空気に触れないよう空気を抜いてから必ず密閉し、常温で風通しの良い場所に保管しましょう。

天然の酸化防止剤が使われているオススメのキャットフード

ピュリナワン キャット(ネスレ)

ネスレから出ているピュリナワンキャットをオススメします。ピュリナワンキャットには有害な人工の酸化防止剤は入っておらず、また、合成着色料や香料もしようされていません。

そして何よりも小分けに保管されているのが非常に嬉しいです。500gが4パック、合計で2kg入ってます。それで金額がおよそ1,500円~2,000円の間となっております。お財布にも優しいのが嬉しいです。

メーカーはネスカフェで有名なネスレ日本(nestle)です。大手メーカーですので安心して愛猫に与えることが出来ます。ネスレは他にもモンプチやフリスキーなどのキャットフードを取り扱っています。

ピュリナワンについて詳しく見る

お値段、安全性、食いつきのどれをとっても自信をもって進めることのできるキャットフードです。相談された場合、迷わずピュリナをオススメしています。

サイエンスダイエット キャット(ヒルズ)

ヒルズから発売しているサイエンスダイエットも安全性という面ではオススメすることが出来ます。ヒルズでは公式ホームページにて人工の酸化防止剤、合成着色料、香料、発色剤等を使用しないことを宣言しています。

こちらもピュリナワン同様、どこのペットショップでも取り扱っているため手に入れやすいです。ただ、時間に余裕があるならばキャットフードは地味に重たいのでインターネットで買う方が楽だと思います。

弊社製品の着色料、発色剤、保存料の使用状況について

企業の公式ホームページでアナウンスしているのですから、そのどれもを使用していないことがわかります。ただ一点だけ気になる点を挙げるならば、小分けになっていない点です。

チャックが付いているため、保存は可能ですが1.8kgや2.8kgも入ったキャットフードをそのまま保存しておくのはどうかと思います。キャットフード自体は素晴らしいので、面倒ですが飼い主さまがジップロック等に小分けに分けることをおすすめします。

サイエンスダイエット キャットについて詳しく見る

ただ、我が家の猫の食いつきはあまり良くありませんでした。猫にも味の好き嫌いはあるのでこればかりは仕方ありません。

まとめ

ドライフードとして長期保存するためのキャットフードに酸化防止剤は非常に重要なのです。
最後にここまでのおさらいです。

・キャットフードが酸化すると栄養価が下がり、体調を崩す原因となります
・酸化防止剤には人工由来と天然由来のものがあります
・人工由来の酸化防止剤は強い抗酸化作用がありますが、危険性が時折指摘されます
・天然由来の酸化防止剤は人工酸化防止剤に比べると酸化防止力は劣るが、安全性は高くなっています

パッケージの裏を見ますと、キャットフードには必ず酸化防止剤が入っています。
特に海外から輸入する際、輸送に時間とコストがかかってしまうため、酸化のリスクが高くなり、安価な人工の防止剤になってしまうこともあります。

しかし、キャットフードに含まれている脂肪が酸化してしまうと、おいしくなくなり、さらには体調を崩すことに繋がることも前述したとおりです。
猫の体内で合成できず、食事から摂取する必要のある必須脂肪酸というものがあります。その必須脂肪酸が酸化して変質してしまうと、健康を維持するために十分な量を摂取できなくなるおそれもあります。

ペットフード安全法を守っているからと言って安全なキャットフードであるとは言い切れません。
ペットフード安全法(愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律)は2009年に施行された法律です。

2022年現在も改正されずに適用されています。この法律を新しいとみるか、古いとみるかは皆様次第です。

このサイトもそうですが、インターネットのサイトの中には、根拠がない、あるいは間違った知識のまま、「何々は不安」「何々はよくない」と断言しているサイトがあります。最終的には皆様がどう判断するかだと思います。

もちろん愛猫には良いキャットフードをと考えますが、保管方法や金銭面との相談になると思います。自分と愛猫にあったキャットフードを探してください。
愛猫には少しでも品質の良いキャットフードを食べてもらいたいものです。この記事がキャットフード選びの参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました