「カナガン」の評価が良いのはアフィリエイト?悪評や批判もまとめて評価を徹底解説

キャットフード
スポンサーリンク

愛猫には健やかで長く生きてもらうためにも、毎日食べるキャットフードは体にやさしいものにしたいですよね。

皆さんは「カナガン」のキャットフードを知っていますか。

使用している食材が高品質なものばかりなのもあり、高級キャットフードの部類に入ります。その「カナガン」のキャットフードですが、なぜか悪評が目立っています。その理由と実際の評価をくわしく解説します。

キャットフード「カナガン」の評価が悪評って本当?実際の評価を徹底解説

「カナガン」のキャットフードは通販でしか取扱いがなく、高級志向のキャットフードになります。

食材にもこだわり安全性が高そうなのですが、なぜか悪評が目立っています。悪評があると、どんなに体がいいと言われていても手を出したくないですよね。

今回は悪評がある理由と実際の評価を解説していきます。

キャットフード「カナガン」の特徴3つ

まずは「カナガン」のキャットフードの特徴を3つご紹介します。

原材料の60%以上が肉・魚の高タンパク質

「カナガン」のキャットフードの原材料は、60%以上が肉・魚と高タンパク質な内容です。市販のキャットフードの原材料は穀物メインのものが多いですが、本来猫は肉食動物。

「カナガン」のように肉や魚がたっぷり入ったキャットフードの方が好まれる傾向にあります。しかも、良質なタンパク質と植物性の食材をバランスよく配合しているため、タンパク質だけでなく、猫の体に必要な栄養素を多く摂取することができるんです。

グレインフリー(穀物不使用)・人工添加物不使用

猫は、穀物の消化が苦手です。そのため、穀物が多く入ったキャットフードだと下痢や嘔吐、アレルギー症状が出てしまう危険性があります。

「カナガン」のキャットフードはすべて、穀物不使用の「グレインフリー」です。猫が消化のしにくいトウモロコシや小麦の代わりに、上質な食物繊維であるサツマイモやジャガイモを使用しています。

加えて猫にとって有害な香料や着色料などの人工添加物は不使用。まさに猫の体のためのキャットフードといえます。

ヒューマングレードの高品質な食材を使用

「カナガン」に使われている主原料の肉や魚は、ヒューマングレードの食品工場から仕入れたものです。

遺伝子組み換えの原材料も使用されておらず、人間でも食べられるほど新鮮で高品質なものを厳選しています。

食材にこだわったキャットフードを愛猫に与えたいなら、「カナガン」がベストでしょう。

キャットフード「カナガン」の原材料を徹底分析

食材にこだわりのある「カナガン」のキャットフード。主な原材料を1つずつ解説していきます。

チキン(鶏肉)

「カナガン」の主原料であるチキンは、せまい鶏小屋ではなく、放し飼いでのびのびと育てられた鶏を使用。その生肉に高タンパクの乾燥チキンをブレンドしています。

良質なタンパク質は、愛猫の健やかな筋肉や皮膚、被毛の維持に欠かせない大切な栄養素なんです。

また、チキンはタンパク質だけでなく、ビタミンや抗酸化作用があるセレンも含まれています。

フィッシュ(魚)

「カナガン」はチキンだけでなく、魚が好きな猫用にサーモンのキャットフードもあります。使用されているのは新鮮な生のサーモンやマス。

そこに乾燥したニシンや白身魚をブレンドしています。さらに旨みを凝縮させたサーモンスープでおいしさがアップ。

猫にとってサーモンは、必要な栄養素を摂取できる魚です。タンパク質やアスタキサンチン、ビタミンやミネラルなど栄養が豊富。

しかも、サーモンのタンパク質はほかの魚と比較して消化吸収がいいという、いいところばかりの魚なんです。

サツマイモ

サツマイモはグレインフリーのキャットフードに多く使用されています。サツマイモが含まれたキャットフードには、腸内環境を整える効果や便秘解消が期待できます。

また、ほかの穀物とは違い血糖値が上がりにくかったり、アレルギー症状になりにくかったりと、猫にとって相性のいい食材になります。

サーモンオイル

サーモンオイルには、EPA、DHAなどのオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。オメガ3脂肪酸には、皮膚炎や関節炎のような炎症を鎮める効果や、被毛にツヤを与える効果などが期待できます。

野菜や果物

リンゴやニンジン、ホウレンソウ、クランベリーなど、ビタミンやミネラルが豊富な野菜や果物をブレンドしています。それにより、猫が不足しがちなタウリンやビタミンAなどの栄養素を補充します。

海藻

海藻にはミネラルやビタミン、食物繊維、オメガ3脂肪酸が豊富です。代謝を上げ、健やかな体を維持する効果が期待できます。

ハーブ類

血行促進や利尿作用のあるマリーゴールド。腸内環境を整えるほか、泌尿器疾患予防の効果が期待できるキナ酸が含まれているクランベリー。リラックス効果や炎症を緩和する作用があるカモミール。これらのハーブ類も配合されています。

キャットフード「カナガン」の悪評が目立つ理由3つ

猫の健康に大きく気を遣う「カナガン」のキャットフード。ですが、なぜか「怪しい」などと悪評が目立ちます。その理由は、以下の3つが原因です。

ステマ疑惑がある

「カナガン」を販売している株式会社レティシアンにステマ疑惑があります。

ステマとは「ステルスマーケティング」の略称で、商品の広告や宣伝を隠し、第三者を装って評価や情報を流す行為です。

ですが「カナガン」の販売元がステマをした証拠はないため、あくまでただの噂と思っていいでしょう。

このような疑惑が流れた理由は、ネットやSNSで過剰に高評価する口コミが多数あったためでした。あくまで疑惑であり事実ではないため、誤った情報に流されないようにしましょう。

ただ、株式会社レティシアンはアフィリエイトを推奨しているため、収入を得たいアフィリエイターが紹介料目的で過剰に持ち上げている可能性があります。そのため、様々な噂が飛び交っているのだと思います。

営利目的

ネットには、キャットフードを解説するサイト運営者も多くいます。

その運営者たちが営利目的を優先しすぎてしまったことが原因で、「カナガン」が怪しいと感じられているようです。

具体的には、ネットにあるキャットフードのランキングの上位が、「カナガン」などのような高級志向で紹介料が高額なキャットフードばかりだった、というものです。

そのようなサイトが多く見られるようになったことも悪評が目立つようになった要因です。実際は、ランキングが嘘かどうかはまったくわかりません。

なぜなら、「カナガン」は猫の体のために原材料を厳選し、猫の嗜好性にも配慮されたキャットフードだからです。

「カナガン」のキャットフード自体は悪いものではありません。ただ、どうしても猫によって好みも体調も異なってきます。

猫に実際に与えてみなければ、「カナガン」のキャットフードがその猫に合っているかはわからないでしょう。

口コミサイトでの悪評が多い

キャットフードを解説するサイトとは反対に、アマゾンなどでは過激な批判コメントが多く目立っています。

「カナガン」が低品質などと謳っているようですが、大半の口コミは「カナガン」が低品質である根拠やデータがない、信憑性の低いものばかりです。

ブログや解説サイトでは持ち上げられているものの、批判的なコメントが散見されるのはこういった理由からだと思います。

大切なのはそれを見て飼い主さまがどう判断するかです。「こういう体験談もあるんだ」と参考程度に考えるのがいいでしょう。

キャットフード「カナガン」の評価が高い理由2つ

悪評が目立っても、「カナガン」のキャットフードを利用し続けるところもあります。評価が高い理由は、以下の2点です。

体調や毛のツヤがよくなった

ほかのキャットフードから「カナガン」のキャットフードに変更して最も多い意見が、愛猫の体調や毛のツヤがよくなったという意見でした。

高品質なタンパク質など、猫にとって大切な栄養素を摂取したことで、愛猫が以前より元気になったという声が多くあります。

多くの獣医師から高評価

「カナガン」のキャットフード、チキンを114名の獣医師に試してもらった結果、92%が嗜好性が高いと評価し、なんと100%がいい栄養バランスを実現していると評価しました。

獣医師が推奨しているキャットフードのため、安心して愛猫にあげられますよね。

気になる価格、最安値を確認する

気になるお値段ですが希望小売価格は4,708円(税込)となっており、公式サイトでも販売されています。(2023年1月25日現在)ただ、購入する前にECモールでレビューを見ることをおすすめします。

各ECモールでの販売価格を見ていきましょう。

Amason

Amazonでは1.5kgが5,412円で販売されていました。公式サイトよりも若干お高くなっていますね。評価は3.9となっておりやや低めです。レビューの数は233となっていました。輸入商品のため、為替の影響を受けているのでしょう。

Amazonでレビューと価格を詳しく見る

楽天

楽天では1.5kgが8,280円で販売されていました。評価も3.85となっており、Amazonを下回っています。レビューは13件と多くはありません。公式サイトもしくはAmazonで購入することをおすすめします。

楽天でレビューと価格を詳しく見る

まとめ

「カナガン」のキャットフードは、猫の健康のことを考えて有害な添加物を不使用にし、すべてグレインフリーです。

原材料も人間でも食べられるほどの高品質にしているにもかかわらず、ネットでは悪評が目立っています。

安全性は間違いのないキャットフードなので、ネットの口コミに惑わされず、気になる方は試してみる価値があるでしょう。あとは愛猫の好みに合うかが大切です。

否定的な言葉に振り回されず、猫のことを第一に考えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました