キャットフードの着色料は危険かも。健康に害のない安全なキャットフードの見極め方

猫と健康
スポンサーリンク

愛猫が毎日食べるキャットフード。毎日食べるものだからこそ、体にいいものを取り入れてあげたいですよね。

スーパーやネットで色鮮やかなキャットフードを見たことはありませんか。実はあれは着色料なんです。

一部の着色料は健康に害するといわれています。そこで、猫を健やかに育てるためにも安全なキャットフードの見極め方をご紹介します。

キャットフードの着色料は危険かも。安全なキャットフードの見極め方

色鮮やかでおいしそうに見えるカラフルなキャットフード。その色は、着色料が使われています。

一部の着色料は健康に害するといわれています。そこで今回は、キャットフードの着色料についてくわしく解説していきます。

キャットフードに着色料がついている理由

キャットフードに着色料がついている理由は、結論から述べると色がついていた方が人にとって美味しそうに見え、飼い主さまが手に取ってくれるから。

本来のキャットフードは、茶色やグレーっぽい色のものがほとんどで、赤や緑色などのキャットフードにはすべて、着色料がついているものです。

ただ、猫は目ではなく匂いでおいしそうか判断するので、色を鮮やかにするのは猫にとって無意味です。

着色料は、猫ではなくキャットフードを購入する飼い主さまのために使用されています。

つまり猫にとって着色料は不必要な添加物なので、そもそもキャットフードに着色料をつける必要がないのです。

キャットフードの着色料その1「天然着色料」

キャットフードの着色料には2種類あります。

その1つの「天然着色料」は、主に動物や植物、鉱物などの自然界のものが原料となった着色料です。代表的な天然着色料が以下の4つになります。

  • カラメル色素
  • 酸化鉄
  • 酸化チタン
  • 紅麹色素

天然着色料という名前だけを見ると体に悪くないイメージを持ちますが、発がん性などの健康リスクが指摘されているものもあるので、注意も必要です。

過去、2004年に天然着色料の「アカネ色素」に発がん性が認められ、日本では使用が禁止となりました。

このように後々危険だと判断される場合もあるので、猫の健康を考えるなら無添加のキャットフードを与える方が安心といえるでしょう。

キャットフードの着色料その2「合成着色料」

もう1つの着色料である「合成着色料」は、化学合成により人工的に作られたものです。主に石油やタールから合成される「食用タール系色素」が一般的になります。

使用されている着色料は基本、日本政府から使用許可が下りているものを使用していますが、その中には海外では使用禁止とされているものもあります。

一部では発がん性があるものや、アレルギーを誘発するものが混ざっているといわれています。以下は、キャットフードで主に使用されている合成着色料4種類です。

赤色102号

赤色の合成着色料で、別名「ニューコクシン」といわれています。アメリカやカナダ、ヨーロッパの一部ではガンやアレルギーを引き起こす原因にもなるということで使用が禁止されています。

赤色106号

同じく赤色の合成着色料で、別名「アシッドレッド」といわれています。ガンや染色体異常を引き起こす原因にもなるということで、日本以外の国では使用が禁止されています。

黄色5号

橙色の合成着色料で、別名「サンセットイエローFCF」といわれています。アメリカやヨーロッパでは、喘息や鼻づまりなどのアレルギーを引き起こす原因にもなるということで使用が禁止されています。

青色1号

青色の合成着色料で、別名「ブリリアントブルーFCF」といわれています。アレルギーを引き起こす原因にもなりますが、リスクが低いため全世界で使用されています。

キャットフードの着色料の摂取で猫に与える影響

天然着色料にしても合成着色料にしても、猫の健康に害を与えているかどうかははっきりと証明されていません。

というのも、いずれの着色料もキャットフードに含まれているのは微量のため、特に問題にはなっていないという判断です。

ですが猫は、人間よりも体が小さい生きものです。さらにキャットフードは、猫が毎日口にするものです。

毎日食べる量は少量でも、蓄積されればいつか体に影響を与える可能性は否定できません。その辺りを頭に入れておき、キャットフードを購入するときは原材料の確認を必ずするようにしましょう。

キャットフードの着色料への対処法2つ

着色料のあるキャットフードは、必ずやめるべきというわけではありません。ですが、猫のことを考えるなら着色料に注意しておく必要があります。

着色料を使用しているキャットフードを利用する家庭は以下の2点に注意することをおすすめします。

摂取量を減らす

猫に与えるキャットフードすべてが着色料入りだと、少し心配になります。

そこで、いつも与えているキャットフードに着色料不使用のキャットフードを少量混ぜる方法をおすすめします。

猫は鼻が利くので、すぐにいつもと違うキャットフードだと気づくはずです。

猫が気に入るのか反応を確かめることもできるので、最初は少しずつ着色料不使用のキャットフードを混ぜていく方法をおすすめします。

安価なキャットフードに注意する

あまりにも安価なキャットフードは、着色料が多用されている可能性があります。

もし安価なキャットフードを選ぼうと思ったときは、1度原材料を確認するのをおすすめします。もし合成着色料が多く入っているときは選ぶのをやめましょう。

少々値が張っても、猫の健康のために少しでも体にいいものを選んであげるのをおすすめします。

猫の健康を考えるなら着色料不使用のキャットフードが1番

何度も言っていますが、猫はキャットフードのおいしさを見た目ではなく、匂いで判断します。そのため、着色料の使用は猫にとってなにもメリットはありません。

あくまで飼い主に買ってもらうために色づけしているだけのため、猫の体のことだけを考えるなら着色料不使用のキャットフードを選ぶのをおすすめします。

実際に、猫の体のことを第一に考えたキャットフードには、着色料が一切使用されていないものがほとんどです。

もし、猫の健康を第一に考えるのなら着色料不使用のキャットフードを選びましょう。

まとめ

猫がおいしいキャットフードか判断するのは、目ではなく鼻です。

着色料で鮮やかに色づけしているのは、飼い主に買わそうとしているだけなのを頭に入れておいてください。

天然着色料にしても合成着色料にしても体にいいものではないので、猫の健康を第一に考えるのであれば着色料不使用のキャットフードを選ぶのが1番です。

だからといって、すぐに体に影響を与えるものでもないので、家にある着色料入りのキャットフードをすべて捨てる必要などはありません。

大事なのは、着色料入りは猫のためにはならないことを頭に入れておくことです。猫の健康を考えて、キャットフードを選びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました