高級キャットフードは何が違うのか。国産のキャットフードとどちらが良いのかを検証

キャットフード
スポンサーリンク

キャットフードと一口に言っても、種類も値段もさまざまですよね。価格帯だけ見ても格安で購入できるものから、かなり高級なものまで幅広く販売されています。

そのなかでも今回は高級キャットフードに注目して紹介します。

キャットフードが高級になる理由や普通のフードとの違い、おすすめのメーカー・キャットフードも紹介。どんなフードを選んだらいいかの参考にしてみてくださいね。

高級キャットフードとは

高級キャットフードは、猫ちゃんの健康志向の高まりに伴い増えてきました。国内外のあらゆるメーカーで展開されているので、選ぶのに迷ってしまうかもしれません。

まずは高級キャットフードがどんなものなのかご説明します。

金額の違い

足り前ですが、まず違うのが金額です。一般的に「高級キャットフード」と呼ばれるものは、1kgで4,000〜6,000円前後やそれ以上のもの。

安価なキャットフードは、1kgで1,000〜3,000円前後なので、倍以上もの違いがあるんです。ちなみに高級フードは1g2〜4円程度で、1日あたり150円ほど。

いくら高いとはいっても、決して手が届かない金額ではないですよね。ちなみに1食分が個包装になっているものや容量が少ないお試しサイズのものは、もう少し割高なのでご注意くださいね。

使っている食材の違い

値段の違いは、主に使っている食材の違いから生じています。高級キャットフードは、チキンやビーフ、サーモンやラムなどの高品質な動物性タンパク質を使用しているものがほとんど。

また、入っている材料一つひとつが厳選されたもので、猫の栄養バランスや消化のしやすさなども配慮した上で製造されています。俗にいうヒューマングレードです。

一方安いキャットフードの場合、チキンエキスや肉副産物、人工添加物などを使っているものが多いのが特徴です。

これらがすべて悪いわけではありませんが、人間用の食品では見かけない原材料が使われていることも。4Dミート(※)が使われていないというのも高級フードの良さかもしれません。

大切な猫ちゃんのために選ぶキャットフードだからこそ、あまり見慣れない原材料や添加物は避けておくのが無難です。

※4Dミートとは、DEAD(屠殺以外で死んだ動物の肉)DISEASED(病気の動物の肉)DYING(死にかけの動物の肉)DISABLED(障害がある動物の肉)の肉を指します。

詳しくはキャットフードのヒューマングレードとは何か、その意味を詳しく説明をご覧ください。

高級になるには理由がある

猫の健康に良いような食材を使い品質や栄養価にもこだわると、その分コストがかかります。そのためお店で購入する際の値段も、必然的に高くなってしまいます。

しっかりとした裏付けを元に、猫の健康にいいものを作っているからこそ高級品になっていると理解しましょう。

高級キャットフードの選び方

品質にこだわった高級キャットフードですが、さまざまな種類が販売されています。それぞれに成分や原料などのこだわり要素があるので、パッとみただけではどれがいいのか判断しにくいですよね。

そんな何を基準に選んだらいいかわからない方へ、チェックするべきポイントを抜粋しました。

高タンパク

猫ちゃんは本来、小動物が主食の肉食動物です。そのため人間以上に肉や魚といった「動物性タンパク質」が必要不可欠なんです。

またタンパク質を効率よく吸収するためには、ビタミンやミネラル、少量の脂質も必要です。動物性タンパク質が豊富で、栄養バランスの取れたものを選びましょう。

必要なタンパク質の量は、猫ちゃんの年齢や大きさ、運動量などによっても異なります。獣医さんに相談して、どれくらいの量のごはんをあげたらいいのかを決めるようにしましょう。

低炭水化物

安いフードのなかには、原価の安い穀物などの炭水化物が混ぜられていることが多いんです。穀物には「グルテン」が含まれており、これは猫が消化しにくい栄養素。

消化不良やアレルギーの原因にもなるので、炭水化物が少ない方が良いと言われています。原材料の表示を見て、米糠やふすま、大豆などの豆類が多く含まれている場合は要注意。

炭水化物由来の原材料が、なるべく少ないものを選ぶと良いですよ。

ヒューマングレード

「ヒューマングレード」とは、人の食品に使われる食材と同等基準のレベルで管理された品質の原材料のこと。

法律などで決まっている明確な基準はないのですが、ヒューマングレードを謳っていないフードには動物の血液や骨、くちばし、内臓など粗悪な部位を入れてコストダウンしている場合もあります。

何が入っているかわからないものを猫ちゃんにあげるのは、ちょっと不安ですよね。

より安心してフードをあげたい方は、ヒューマングレードのものを選ぶことも検討してみましょう。

ヒューマングレードについてはキャットフードのヒューマングレードとは何か、その意味を詳しく説明をご覧ください。

無添加

キャットフードはもちろん、人間の食べ物にも使われがちな添加物。ですが添加物は、本来猫にとって不要のもの。

狩りでとってくる小動物には、添加物が含まれないのは当然ですよね。害がないとわかっているものもありますが、なかには発がん性が疑われる成分が含まれるケースも……

安心してフードをあげたい方は、保存料などの添加物不使用のものを選ぶのがベターです。特に「酸化防止剤」や「合成着色料」「合成香料」などは、避けたい原材料です。

添加物に関してはキャットフードは酸化するとダメなのか、酸化防止剤が入っている理由と愛猫への影響を解説こちらをご確認ください。

高級キャットフード

せっかく高級なキャットフードを買うなら、きちんとしたメーカーが作っている物を選びたいですよね。ここからは評価の高い高級キャットフードのメーカーと、そのメーカーのおすすめキャットフードを紹介します。

フード選びの参考にしてみてくださいね。

レティシアン/カナガン チキン

レティシアンは、日本のペットフードメーカーです。オリジナルのフードの製造はもちろん、イギリス産のプレミアムなキャットフードを輸入・販売しています。

展開しているフードの種類が豊富で、猫ちゃんの好みに合わせてサーモンやチキン、スーパーフード入りなどが選べます。なかでもおすすめなのが「カナガン チキン」です。

特徴は、新鮮なチキン由来の動物性タンパク質を豊富に含んでいること。ヒューマングレードの新鮮なチキンが全体の60%を占め、小麦、米などの穀物が含まれていないので消化しやすいのも魅力です。

2種類のオリゴ糖や食物繊維が配合されていて、お腹にも優しいのだとか。欧州ペットフード工業会連合が決めた、厳しい基準をクリアした工場で製造されているので品質も折り紙つきです。

CHAMPION PETFOODS/オリジン キャット&キティ

CHAMPION PETFOODSは、世界的に支持されているプレミアムペットフードメーカーです。オリジンシリーズは世界90カ国で販売され、その品質の高さから長年猫ちゃんの健康を支えています。

なかでもおすすめは「キャット&キティ」。元は肉食である猫ちゃんのことを考え、本来の食事に近い高タンパク・低脂質の栄養バランスなのだとか!

主原料の鶏肉と七面鳥は、カナダ政府が認定した区域で放し飼いされていた高品質なものを使用。さらに神経や免疫系の働きをサポートするDHAとEPAも配合しています。

良質なタンパク質をあげたい方におすすめです。

ZIWI Peak/エアドライフード ラム

ZIWI Peakは、ニュージーランドのペットフードメーカーです。大きな特徴は、ニュージーランドの豊かな牧草地で育った牛や鶏、ラムなどを使ったフードを製造していること。

さらに高GI食品や人口保存料、つなぎなどは一切使っておらず、アレルギーを起こしやすい素材などをなるべく使わないようにしているのだそう。なかでもおすすめなのが「エアドライフード ラム」。

原料の96%が完全放牧で飼育された最高品質のラム肉・レバーや新鮮な魚介類という、素材にこだわりを持った高品質なフードです。関節の動きを助けるのに役立つ、グルコサミンとコンドロイチンも配合されているのも特徴。

フードが食べられるようになった子猫から、シニア猫まで食べられるフードなのもメリットです。

まとめ

猫ちゃんの健康を考えて、高級フードを検討している方も多いのではないでしょうか。

好き嫌いの多い猫。

おすすめのフードや高級なフードが好みに合うかどうかは、試してみないとわからないのがもどかしいですよね。猫ちゃんの食いつきも見ながら、栄養にもこだわった最適なフードを探してあげましょう。

高級フードはお試しサイズがあるものも多いので、ぜひ一度お試しくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました