キャットフード「ヒルズサイエンスダイエット」は危険なのか。実際の安全性・評価をレビュー

キャットフード
スポンサーリンク

スーパーやホームセンターで見かけないことはないほど、ペットフードの定番、ヒルズ「サイエンスダイエット」のキャットフード。知名度は高いですが、本当に安全かどうかは正直に言って別物。

ということで、ヒルズ「サイエンスダイエット」の評価と安全性をくわしく解説します。猫の健康のためにも、ぜひ参考にしてください。

猫を飼っている人なら知らない人はいないと言ってもいいほど有名なヒルズ「サイエンスダイエット」のキャットフード。ですが、評価や安全性は見ただけではわかりません。そこで使用している原材料や成分を評価していきます。

キャットフード ヒルズ「サイエンスダイエット」の原材料を評価

ヒルズ「サイエンスダイエット」のキャットフードの原材料を評価していきます。

第一主原料は鶏肉

猫は肉食動物です。肉食動物の猫にとって大事な栄養素は、動物性タンパク質からしか摂取できません。そのため、ヒルズの「サイエンスダイエット」の第一主原料が鶏肉なのはかなり評価が高くなります。猫の健康を考えるなら、キャットフードは肉類メインのものを与えるのがおすすめです。

穀物が多用されている

鶏肉の次に多く使用されているのは、トウモロコシや小麦などの穀物です。猫は穀物の消化が苦手なので、下痢や嘔吐の原因になりやすい穀物が多用されているのは評価が低くなります。猫の健康を考えるなら、できるだけ穀物が入っていないキャットフードが好ましいです。ほかにも穀物は、アレルギー症状を発症させる危険もあります。気になる方は穀物を使用していないグレインフリーのキャットフードを検討してみるのもいいでしょう。

セルロースが入っている

セルロースは食物繊維のことをいいます。水を吸うと量が増え、満腹感を与えることからダイエット食に入れられていることが多いです。人間と同じく、猫もセルロースを分解して消化吸収ができないため、エネルギーに変えることはできません。その代わり、満腹感を与えて腸の動きを整えてくれる高価があります。

酸化防止剤は天然成分のみ

ヒルズ「サイエンスダイエット」に含まれているミックストコフェロールは、酸化防止剤の役割があります。キャットフードは1度封を開けると酸化しやすくなるので注意が必要です。酸化すると風味や味が落ち、猫の食いつきは悪くなります。それだけでなく、猫の肝臓を痛める原因にもなります。それを防ぐためにも、酸化防止剤は必ず必要な存在です。ですが人工的な酸化防止剤を使用すると猫の体に悪影響を与える可能性があるため、天然由来の酸化防止剤を使用しているのは評価が高くなります。

人工添加物は不使用

猫がおいしそうか判断する基準は、目ではなく鼻です。着色料を使用しているキャットフードは、人間に購入してもらうために鮮やかに彩っているだけなんです。つまり着色料は猫にとって不要な存在になります。ほか、発色剤や着香料などの人工添加物は猫には不必要です。ヒルズ「サイエンスダイエット」にはそのような人工添加物は使用されていないので、安心してください。

キャットフード ヒルズ「サイエンスダイエット」の成分を評価

続いて、ヒルズ「サイエンスダイエット」のキャットフードの成分を評価していきます。

タンパク質が多め

ヒルズ「サイエンスダイエット」のキャットフードの中の1つ、「室内猫の毛玉・体重ケア アダルト 1〜6歳 成猫用 チキン(インドアキャット アダルト)」の成分を確認してみたところ、タンパク質の数値が33.9%でした。ヒルズ「サイエンスダイエット」のキャットフードだけで、十分な量のタンパク質を摂取できることがわかります。ただ、ヒルズ「サイエンスダイエット」は、鶏肉の次に穀物が多く含まれています。そのため、動物性タンパク質だけではなく、植物性タンパク質の量も多そうです。猫の必須アミノ酸である「タウリン」は動物性タンパク質にしか含まれていないため、猫の体のためには動物性タンパク質が多く含まれたキャットフードを与えるのが好ましいです。

脂質・カロリー控えめだが食べ過ぎには要注意

「サイエンスダイエット」という名前の通り、脂質もカロリーも控えめのキャットフード。ただし、脂質が少ないため満腹感が得にくく、愛猫がたくさん食べてしまう可能性があります。キャットフードの1日のカロリーの計算方法は、「猫の体重×60~80kcal」です。たとえば、体重が5kgある猫なら300~400kcalが1日に必要なカロリーという計算になります。愛猫がカロリーオーバーにならないように、正確に計算してきちんと管理してあげましょう。

マグネシウムの量が抑えられている

ヒルズ「サイエンスダイエット」の「室内猫の毛玉・体重ケア アダルト 1〜6歳 成猫用 チキン(インドアキャット アダルト)」のマグネシウムの量を確認してみたところ、数値が0.074%とかなり抑えられていることがわかりました。マグネシウムは猫にとって必要な存在ですが、過剰摂取はストラバイト結石など尿石症を発症する危険性があります。理想的なマグネシウムの量は0.08~0.09%といわれているので注意しておきましょう。

キャットフード ヒルズ「サイエンスダイエット」のメリットとデメリット

ヒルズ「サイエンスダイエット」のキャットフードを選ぶメリットとデメリットは、それぞれ以下になります。

「サイエンスダイエット」のキャットフードを選ぶメリット

ヒルズ「サイエンスダイエット」のキャットフードを選ぶメリットは以下の2点です。

安価に良質なキャットフードが購入可能

激安なキャットフードと比べれば高価な部類ですが、ヒルズ「サイエンスダイエット」の原材料や成分などから判断するとお手頃価格になります。しかも通販だけでなく、スーパーや量販店でも取扱いがあるので買いやすいのもポイントです。

ラインナップの豊富さ

ヒルズ「サイエンスダイエット」のキャットフードは年齢はもちろんのこと、体調によっても選べるラインナップの豊富さが魅力です。避妊・去勢用、毛玉ケア用、消化ケア用、体重管理用とさまざまな種類を取り扱っています。年齢や体調の変化によって新しいブランドのものを探す手間が省けるので、1度愛猫が気に入ればずっと同じヒルズの同シリーズのものを与えることができるのが嬉しいところです。

「サイエンスダイエット」のキャットフードを選ぶデメリット

ヒルズ「サイエンスダイエット」を選ぶデメリットは以下の1点です。

グレインフリーではない

ヒルズ「サイエンスダイエット」のシリーズに、穀物不使用のグレインフリーのキャットフードは取り扱っていません。また、穀物はメインの原料ではないですが多く使用されています。穀物にアレルギーを持つ猫やアレルギー発症、消化器疾患に不安がある方はやめておいた方がいいでしょう。

気になる価格、最安値を確認する

気になるお値段ですが希望小売価格はオープンプライスとなっており、メーカーは公表しておりません。

各ECモールでの販売価格を見ていきましょう。また、購入する前に必ずECモールのレビューに目を通しておきましょう。

Amason

Amazonでは2.8kgが2,160円で販売されております。総合評価は4.1となっており、レビューの数は1,362件となっていました。やはり小分けになっていない点を気にされている方が散見されました。

Amazonでレビューと価格を詳しく見る

楽天

楽天ではヒルズ公式のペットフードショップが商品を出展しています。2.8kgで3,480円とお高めです。レビューは4.62となっており、支持の高さがうかがえます。レビューは42件となっています。

楽天でレビューと価格を詳しく見る

まとめ

ヒルズ「サイエンスダイエット」は、安全性が高く良質なキャットフードです。第一主原料は肉食動物の猫に最適な鶏肉を使用しており、人工添加物は不使用。

酸化防止剤も天然成分のみで、安全性が高いことがわかりました。ラインナップも豊富で、年齢や体調に合わせて選ぶことができます。そんな良質なキャットフードが比較的安価で、スーパーや量販店で取扱いがあるのも嬉しいポイントです。

ただし、穀物が多用されているためアレルギーを持つ猫、アレルギー症状や消化器疾患を引き起こしたくない方はやめておくのも手です。良質で安全なキャットフードであることには間違いないので、あとは愛猫にお試しで与えてみるなどして様子を見ながら考えてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました