キャットフード「モンプチ」は安全?シリーズごとの原材料や成分を評価して徹底レビュー

キャットフード
スポンサーリンク

「モンプチ」はテレビのCMでも放送されているので、猫を飼っていない方でも知られているほど認知度の高いキャットフードになります。スーパーや量販店など、基本どこでも取り扱われているので、猫を飼っている方なら1度は購入したことがあるのではないでしょうか。

そんな「モンプチ」ですが、安全性が高いのか気になるところ。また、モンプチは種類が多いので、種類によっての安全性も気になりますよね。そこで、シリーズごとの「モンプチ」の原材料や成分を詳しく評価していきます。

キャットフード「モンプチ」について

テレビのCMでも放送されている「モンプチ」のキャットフード。猫を飼っていない方でも、1度くらい名前を聞いたことがあるはず。それくらい認知度の高い「モンプチ」ですが、実際の安全性はどうなのでしょうか。今回は、たくさんあるシリーズごとの原材料や成分を評価していきます。

キャットフード「モンプチ」安全性をとるなら「モンプチナチュラル」

「モンプチ」はとても種類豊富なキャットフードです。ドライフードにウェットフード、スープ、おやつ、総合栄養食とさまざま。その中で、ドライフードとウェットフードに「ナチュラル」のシリーズがあります。

ナチュラルシリーズは、”天然由来の原材料だけを使った、安心のナチュラル設計”が特徴のシリーズです。そのため、安全性だけを考えるとナチュラルシリーズの「モンプチ」のキャットフードを選ぶのがおすすめです。

キャットフード「モンプチナチュラル」の原材料を評価

「モンプチ」シリーズの中でも安全性の高さが特徴の「モンプチナチュラル」の原材料を評価していきます。

第一主原料は肉類

「モンプチナチュラル」は、新鮮な魚やチキンが第一主原料となっています。猫は本来、肉食動物です。そのため、キャットフードはお肉がたっぷり入ったものの方が猫はおいしく食べます。

また、猫の必須アミノ酸である「タウリン」は動物性タンパク質でしか摂取できません。猫の健康のために新鮮な肉類がたっぷり入った「モンプチナチュラル」は、高評価といえます。

穀物が多用されている

「モンプチナチュラル」には、コーングルテン、トウモロコシ、大麦、米と穀物が多く使われています。猫は穀物の消化が苦手のため、下痢や軟便などの消化器疾患を引き起こす恐れがあります。

それだけでなく、穀物アレルギーの猫は食べることができません。アレルギーがなくても、穀物を多く摂取するとアレルギー症状を引き起こす恐れもあるため、少しでも気になる方はグレインフリーシリーズのキャットフードを与えるのをおすすめします。

人工添加物は不使用

「モンプチナチュラル」は着色料や香料、保存料が不使用のため安全性が高いです。

人工添加物の中には、発がん性やアレルギー症状を引き起こす原因になるものが含まれていることがあるので、できるだけ使用してほしくない原材料です。また、キャットフードは1度開封すると酸化しやすくなります。

おいしさだけではなく、猫の肝臓の負担にもなる恐れがあることから、キャットフードには酸化防止剤が必要不可欠です。「モンプチナチュラル」に使用されている酸化防止剤は、ミックストコフェロールという天然由来のもののため、安心して愛猫に与えることができます。

グレインフリーシリーズがある

「モンプチナチュラル」には、穀物を完全に使用していないグレインフリーシリーズが取り扱われています。トウモロコシや米などの代わりに、タンパク質や食物繊維がたっぷり含まれている豆類を使用しています。愛猫が穀物アレルギーという方や、健康のためにも穀物を避けたい方におすすめです。

キャットフード「モンプチナチュラル」の成分を評価

「モンプチナチュラル」の成分を評価していきます。

タンパク質・脂質が高め

「モンプチナチュラル」の中の内の1つ、「新鮮若鶏の贅沢」のキャットフードの成分を確認してみたところ、タンパク質は34%、脂質15%と高めであることがわかりました。

猫の健康な体には、動物性タンパク質が必要不可欠です。肉類がメインの「モンプチナチュラル」であれば、良質なタンパク質を摂取することができるでしょう。

ミネラルバランスが不明

「モンプチナチュラル」の成分詳細には、ミネラルの数値が記載されていません。これは大きなマイナスポイントです。

マグネシウム過剰摂取はストラバイト結石など尿石症を発症の恐れがあり、マグネシウム・リン・カルシウムのバランスが崩れれば下部尿路疾患にかかる危険性があります。今後、リニューアルするときに数値が明確にされることを期待しましょう。

ドライフード「モンプチドライ」の原材料を評価

続いて、ドライフード「モンプチ ドライ」の原材料を評価していきます。

第一主原料は穀物

「モンプチドライ」は「モンプチナチュラル」と違い、穀物がメインのキャットフードになります。

「モンプチナチュラル」よりも多く穀物が含まれているため、穀物の消化が苦手な猫は「モンプチナチュラル」よりもさらに消化器疾患やアレルギー症状を引き起こす危険性があります。

肉類は家禽ミールを使用

キャットフードに使用されている肉類で、なるべく避けたいのが家禽ミールです。家禽は飼育されている鳥類の総称で、種類は不明です。

鶏から人間が食べる用のお肉を取り除き、その後のくず肉や骨などの一部と皮を混ぜて加工したものを、家禽ミールといいます。安全性も質もいいとは言い切れないため、なるべく愛猫には与えたくない原材料です。

着色料が使用

「モンプチドライ」のパッケージに、「合成着色料・香料が無添加」と記載されています。その意味は、香料は不使用ですが着色料は使用されているということです。着色料は、カラメル色素、カロテノイド色素と天然由来の着色料が使用されています。

着色料は本来、猫には必要ありません。猫がキャットフードのおいしさを判断するのは、目ではなく鼻だからです。見た目を鮮やかに色づけするのは、人間に少しでもおいしそうに見させて購入させるためです。猫の健康のためにも、入れる必要のない着色料が含まれていないキャットフードの方が安心して与えられます。

キャットフード「モンプチ」のメリット

「モンプチ」のキャットフードの原材料や成分を解説してきた上で、「モンプチ」を購入するメリットをご紹介します。

100種類以上の豊富なラインナップ

「モンプチ」の魅力といえばラインナップの豊富さ。

お馴染みのドライフードやウェットフード、おやつのほかに、スープ、手作り風のあらほぐしの缶詰、あらほぐしの野菜入りの缶詰、テリーヌ仕立ての缶詰など、猫が飽きずにおいしく食べられるような工夫を凝らしています。

それぞれの味も含めると100種類以上もあります。そこに人工添加物が不使用のナチュラル思考のシリーズや、グレインフリーのシリーズもあるので、愛猫に合うものを選んで与えてあげましょう。

コスパがいい

「モンプチ」は手に取りやすい価格なのが特徴です。特に肉類がメインの「モンプチナチュラル」やグレインフリーシリーズはプレミアムフードといわれる部類に入り、ほかのブランドだとかなり高価になります。プレミアムフードは通販だけしか取扱いがないものも多い中、「モンプチ」ならスーパーや量販店でも取扱いがあり、比較的安価に購入するが可能です。

食いつきがいい

「モンプチ」のキャットフードは、食いつきがいいという評価がかなり高いです。「モンプチしか食べない」「いろいろなものをあげるけど、モンプチが1番の好物」など、おいしく食べている愛猫が多いことがわかります。猫によって食の好みも体質も違います。まずは少量あげてみて、様子を見てみるのが1番です。

気になる価格、最安値を確認する

気になるお値段ですが希望小売価格はオープンプライスとなっており、メーカーは公表しておりません。

各ECモールでの販売価格を見ていきましょう。また、ECモールのレビューには必ず目を通しておきましょう。実際に購入した方の生の声を目にすることが出来ます

Amason

Amazonでは2kgが1,332円で販売されていました。総合評価は4.3で1,419件のレビューがあります。レビューにはコストパフォーマンスや無添加について触れている方が多く見受けられました。

Amazonでレビューと価格を詳しく見る

楽天

楽天では楽天公式の楽天24にて600gが488円で販売されています。総合評価は4.08で13件のレビューが付いています。

楽天でレビューと価格を詳しく見る

まとめ

「モンプチ」は、シリーズによって主原料や人工添加物の有無が異なることがわかりました。

なにより安全性を優先するなら、「モンプチナチュラル」のシリーズのキャットフードを与えるのをおすすめします。

ただ、どんなシリーズでも愛猫の好みに合うかどうかは実際に与えてみなければわかりません。まずは少量あげてみて、様子をしっかり観察してあげてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました