キャネット<3時のスープ>は安全なのか。原材料や塩分などの成分と最安値を確認

猫のおやつ
スポンサーリンク

キャネット猫用おやつ<3時のスープ>はペットライン株式会社から発売されている猫用のおやつです。スープタイプとなっており、水分不足が懸念される猫へ最適なおやつとなっています。

このキャネット猫用おやつ<3時のスープ>ですが、果たして愛猫に与えても良いものなのでしょうか。今回はキャネット<3時のスープ>の栄養情報や原材料、原産国など調べてきましたので、その調査結果をご報告したいと思います。

キャネットの特徴・メリット

キャネット<3時のスープ>の特徴としては以下のことが挙げられます。

水分補給にぴったり

猫はもともと水をあまり飲みません。しかし、水分補給がうまくできず水分不足に陥ると腎臓や膀胱に何かしらの問題が発生する可能性が高くなってしまいます。そのために、水分補給は非常に重要な役割を担っているのです。

その水分補給を手軽にできるというのがキャネット<3時のスープ>の特徴と言えます。水を飲まない猫のために手軽に水分補給が出来るのは嬉しいですよね。

使い切りサイズ

また、使い切りサイズということも飼い主目線からだと助かります。一回で使い切れるサイズのため、開封した後のことを考えなくても良いのです。キャットフードは酸化し、だんだんと劣化していきます。それはおやつでも例外ではありません。

それを防ぐために一回で使い切りサイズにしてくれたのだと思います。また、おやつという性質上、その方が良いと私も思います。

豊富な種類

キャネット<3時のスープ>には豊富な種類があります。それを見ていきましょう。

  • キャネット<3時のスープ>しらす添え かつおだしスープ風
  • キャネット<3時のスープ>カニかまぼこ添え ブイヤベース風
  • キャネット<3時のスープ>緑黄色野菜添え ほたてのチャウダー風
  • キャネット<3時のスープ>おかか添え あごだしスープ風
  • キャネット<3時のスープ>小海老添え クリームシチュー風
  • キャネット<3時のスープ>サーモン添え 海鮮ポタージュ風
  • キャネット<3時のスープ>白身魚添え 鶏だしスープ風
  • キャネット<3時のスープ>まぐろ添え いりこだしスープ風

合計で8種類もの豊富な味が用意されています。これだけの味があれば飽きることなく、ローテーションして猫にあげることが出来ますね。

我が家の猫は何でも食べるのですが、食い付きが良かったのはクリームシチュー風でした。チキン味やフィッシュ味のドライフードを与えていたので珍しかったのでしょうか。

キャネットの原材料・成分を確認

キャネットの原材料

今回は代表としてキャネット<3時のスープ>しらす添え かつおだしスープ風を取り上げてみることにしました。キャネット<3時のスープ>しらす添え かつおだしスープ風の原材料は以下の通りです。

鶏むね肉、にんじん、鶏ささみ、かつお節、酵母エキス、しらす、ビタミンE、増粘多糖類

上記のことから合成着色料や香料が使用されていないことがわかります。ビタミンEは酸化防止剤の役割を果たしてくれます。

増粘多糖類という言葉は聞きなれないかもしれませんが液体にとろみや粘りを付与し、ジェル状にする目的で使用されています。

この増粘多糖類は日本で広く使用され、長い間日本人が食べて問題が起こっていないものです。

ただ、注意しておきたいのは、増粘多糖類とは2種類以上の多糖類を使用した場合の簡略した名称だということです。

中には危険な成分が入っているにもかかわらず、簡略した名称である増粘多糖類しか記載されていないという事例もあります。

そう考えると増粘多糖類しか記載されていないのは一抹の不安があるかもしれません。

キャネットの成分値

保証成分は以下の通りです。

粗たんぱく質:7.2%以上、粗脂肪:0.8%以上、粗繊維:0.5%以下、粗灰分:11.4%以下、水分:90.0%以下

塩分に関してはそこまで入っているという訳ではなさそうです。安心してあげられますね。ただし、6カ月未満の仔猫にはあげないよう、注意が記載されております。

また、原産国は日本とのことなので、国産のおやつなのも嬉しいですね。代謝エネルギーは1袋当たり約15kcalとなっています。

猫の一日の必須カロリーが1kgあたり50~60kcalですので、およそ200~300kcalが一日に必要となります。

そう考えると1袋当たり約15kcalは非常に低カロリーと言うことが出来ますまさしくおやつにぴったりですね。

気になる価格、最安値を確認する

気になるお値段ですが希望小売価格はオープンプライスとなっており、メーカーは公表しておりません。

商品自体は25gが4個パックになっており、合計で100gの内容量となっています。

各ECモールでの販売価格を見ていきましょう。各ECモールでレビューを確認してから購入することを強くおすすめします。レビューは実際の購入者の生の声ですから、参考にしないのはもったいないです。

Amason

Amazonでは残念ながらキャネット<3時のスープ>のまとめ売りしか見つけることはできませんでした。しかし、公式からの販売ですので、安心して買うことが出来ますね。その価格はコチラです。

また、レビューも42件付いており、評価も4.4と非常に高評価となっております。1食あたり58円とお安いところも嬉しいです。(2023年1月25日現在)

Amazonでレビューと価格を詳しく見る

楽天

楽天では188円で販売されていました。こちらでもレビューが55件付いており、総合評価も4.51と非常に高くなっています。

ただ、楽天の場合は出店のショップによって価格が異なる点、送料もショップによって異なる点に注意が必要です。しかし、ポイントの還元率が良いため、お得に使うことが出来れば安く購入することが出来ます。

楽天でレビューと価格を詳しく見る

まとめ

今回はキャネット<3時のスープ>を検証してみました。国産の商品で安心してあげられるように思います。

価格もお手頃ですし、カロリーも控えめなのも嬉しいですね。味も豊富なので愛猫の好みの味を見つけられそうです。

一度、試してみては如何でしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました